2017年04月24日

重厚な3m手摺 完成が待ち遠しい!

最近の注文仕事です。
ハウスメーカーの展示事務所に設置されます。
階段室2階 幅3m手摺
内装インテリアはブルックリンスタイル(ブリック調の壁で男っぽい重厚な感じ)
DSC08433.JPG
製作中
DSC08590.JPG
完成したので取り付け前に工場で記録用撮影〜
DSC08619.JPG
細部
DSC08645.JPG
裏側もしっかり作りこんでます。
溶接目はなるべく見せないような構造にしてあります。
今回はバンド巻多用してます。

シンプルなデザインも好きですが、こんな感じの凝った造形も好きです。
特に今回はブリック調の壁だったりするので、トラディッショナルなスタイルでも造形的な物でも、太い鉄を用いた重厚なスタイルが合うのではないかとご提案しました。
DSC08641.JPG
取り付けたところも完成したらUPします。

工場長N
posted by 鍛冶KAGU at 00:30| Comment(0) | 工房作業日誌

2016年08月30日

雨の日、 コークス炉 扉制作

この時期、雨の日は湿度が高いので
コークス炉の前は蒸し風呂のようになるのですが、今日は少し気温が低かったのか
そこまでひどくはなかったかな。
DSC060481.jpg

只今、玄関扉製作中〜
錠前ボックス終わり
次は、引き手制作

DSC060521.jpg

いわゆる唐草などのような皆がイメージする鍛造(鍛鉄)ではないのですが、
ドイツでマイスターについてたときは、教会なんかの仕事で、こういった重厚な造りのサッシや扉、ガラス入れて、個人宅のカッコイイ温室なんかもつくりましたね。
アイデア次第で何でも作ります(たぶん・・・ 笑)

posted by 鍛冶KAGU at 20:44| Comment(0) | 工房作業日誌

2015年09月03日

カイロプラクティックの店舗看板

今年は秋になるのが早かったようで、最近では雨も多く涼しい日が続きます。
鍛冶屋的には作業しやすい気候で助かっています。

さて、現在工房では「カイロプラクティックの店舗看板」を制作しています。
突き出しタイプの看板で、そんなに大きくはないです。
デザインはクラシカルな唐草をモティーフで、
カイロプラクティックのイメージを出すので人体図を入れてみました。

DSC02557.JPG

さほど、大きくなく難易度はそんなに高くないのですが、とにかく手間がかかるので、
(作っていると、ここは真鍮入れようとか、細部こだわりはじめてしまうので・・・・)
じっくり作れる時間取れてから制作スタートにしようと思っていたら、デザイン決まってからずいぶん時間がたってしまいました。 すみません〜 ><

DSC02616.JPG
せっかくなら真鍮でやろうと思い、鑢がけ。
バラバラです。なんかこの見た目はシュールですね(笑)

DSC02620.JPG

とりあえず組み合わせると、こんな感じ。
なかなか良い感じに上がってきているのでこれは完成が楽しみ。


posted by 鍛冶KAGU at 16:23| Comment(0) | 工房作業日誌